各教科の特色

国語

イメージ大学入試で必要になる古典も、きちっとした基礎言語能力がなければ読み解けません。したがって高校入学当初から、現代文を、日本語という語学のレベルで徹底的に講義します。言葉の揺れ、時代の風潮などという文句で、日本語をないがしろにするような姿勢をとっていません。また、漢字学習は漢字検定対応のテキストを使用し、卒業までに二級以上の取得を目指します。

数学

イメージ1年次は基礎力・計算力の向上を目指し課題演習等を用いながら学習します。2年次からはコース別に分かれることで効率よく授業が進められるため、より高度な学習に入ることとなります。3年次の早い時期から大学受験に向けて入試問題演習等を通して、センター試験・一般入試に対応できる学力の養成を行います。

英語

イメージ高1では基礎英語力を充実させる学習をするとともに、コミュニケーション能力の育成を図っています。高2からは各コースに適した英語学習を展開し、応用力をつけて高校英語の完成を目指します。さらに外国人講師による実践的な授業もあり、コミュニケーション能力が養えます。また、3年間を通じて英検の資格取得を奨励し、TOEIC・TOEIC BRIDGEを受験して、自分の英語力が確認できます。

理科

中学校での学習を踏まえ、基礎・基本の定着と大学入試に困らない応用力を養うことを目標としています。高1では科学的なものの見方を養い、自然科学に対する意欲・関心を目覚めさせるようなきっかけを与えていきます。高2・高3では実験・観察を必要に応じて行い、各自の進路にあわせたきめ細かな指導をし、社会に出て困らないような科学的思考力・応用力を養います。

地理歴史・公民科

  • 【公民科】

    公民科では、現代社会における諸問題について考え、自分の意見を持てるように指導しています。その場合、教科書だけにとらわれず、新聞や雑誌、インターネットなどを活用し、実生活に直結した問題を取り上げるように心がけています。

  • 【地理歴史科】

    地理歴史科では、科目内容を2年間かけて詳細に学習していきます。その際、1年目に複数の科目を学習し、2年目に1科目に絞り込む方式を採用しています。これにより自分の興味・関心に適した科目を選択し、学習意欲の向上を目指しています。

このページの先頭へ

西武台千葉高校