西武台千葉の進路指導

進路を切り拓く、自分の人生を豊かに生きるとは、
自分という『樹』を「大きく育てる」ことに似ています。

目や耳から多くの情報を入手し、心や頭で思い、考え、判断し、独特のアイデアや思いを文字やことばにして表現する。
私たち進路指導部は、人間としてのこの自然なサイクルを活用して有機的かつ計画的に、経験や情報を生徒ひとりひとりに提供しています。

西武台の進路指導 Action Plan

【BM】 大樹を育む「心」づくりプロジェクト

大きな樹を育てるためには、それを支える強い根を広くひろげることが必要です。人の成長にとって「根」は『心』にあたります。日々の生活で流す「汗」や部活動の大会などで仲間と流した「涙」が足下に滴り落ち、土壌を豊かにし、再び根を強く大きくするのです。それが『心』の成長だと考えています。生徒ひとりひとりに寄り添いながら、「根」を強く育てる取り組みを行っています。

総合進路学習/講演会・「アカデミラジオ」

特に土曜日には様々なことを総合的に学びます。進路指導部では「人の顔がいろいろあるように、その生き方も様々です」をキャッチフレーズに、各分野で活躍している方々の話を聞く機会「総合進路講演会」を開催しています。また、いわゆる名作と呼ばれる作品に触れる場「アカデミラジオ」、さらに国際交流部とのコラボレーションによる「世界の今」を学ぶ機会を用意しています。

『100日後の私への手紙』

まず一歩を踏み出すためにも、計画・予定が必要になりますが、計画を見つめ直すきっかけとして、『100日後の私への手紙』という企画も実施しています。これは約3ヶ月という短いスパンで自分を客観的に見つめられるように、100日後の自分宛に手紙を書くものです。手紙は専用の封筒に厳封され、100日後に手元に届くことになります。特に3年生最後の冬に書く手紙は、卒業式の朝にそれぞれの手元に届くことになっています。振り返りと希望の手紙になるはずです。

【IP】 情報収集プロジェクト

このプロジェクトのメインは『ガイダンス』です。
各学年、各発達段階に適したガイダンスを用意しています。

中学生

C&C

高校1年生

新入生ガイダンス
リサーチガイダンス

高校2年生

進学リハーサルツアー
AO・推薦ガイダンス

高校3年生

個別相談会


【PD】 開発・発達プロジェクト

夢や目標が決まったら、それぞれの進路に向けて、豊富な量で、正しい方向性を持った指導を行います。鍛えるプロジェクトです。

進学研究会

「時間の有効活用」が大変重要な西武台千葉の生徒のためにデザインされた『プラスアルファ』の学びの機会です。主要教科を中心に、放課後を活用し、希望者を対象に「週1回」から「ほぼ毎日」までの研究会を用意しています。

夏期集中講座

夏こそ深く、多くの学びが得られます。西武台千葉では、この時だからこそできる集中講座を行います。「進学プログラム」と、このチャンスに巻き返しを図りたい生徒向けの「補習プログラム」の2つを用意しています。

サマースクール【有料】

夏期休業最終週に、宿泊をともなう『サマースクール』を信州の涼しい高原で行います。

西武台千葉オンライン予備校【新企画】

「もっと深く高度な学習がしたい」と望んでいる生徒に、「時間的なサポート」として『西武台千葉オンライン予備校』を用意しました。一流講師陣の対面講義による最新情報をインターネットを活用して学ぶ『リクルート受験サプリ』を運営しています。有料ですが、学びたい講座を「いつでも」「どこからでも」「何回も」見られる『オンデマンド方式』を採用しています。

【OP】 表現・挑戦プロジェクト

これまで培った実力を試すプロジェクトです。自分の取り組みの確認であり、新たな課題への挑戦でもあります。進路指導部はその挑戦を様々な角度からサポートしています。

実力模擬試験

日々鍛えられた力の直接的で客観的な評価を受ける機会だと考えています。通常の定期考査が「クラス内」あるいは「学年内」の『自分の位置』を知るものであるのに対して、実力模試は「全国」さらに「世界」の中の『自分』を確かめる機会にしています。それぞれ『河合の日』『春・秋のベネッセ』『夏・冬のトライ』とネーミングされた模試を総合的に活用しています。

各種検定試験

「在学中に資格を取りたい」と願う生徒に、検定試験を全校あげて実施します。年に3回、中学生から高校生までの全員に募集をかけ、本校を会場に実施します。

エッセイコンテスト

長い夏期休業を利用して、各種の散文コンテスト(エッセイ・童話・論文など)に挑戦します。これは国際交流部、国語科とのコラボレーションプログラムとなっています。

このページの先頭へ

西武台千葉高校