活躍している卒業生

第91回箱根駅伝 本校グラウンドから箱根路へ!

夢を実現させた先輩達 1

14期生(平成13年度 卒業)

植山 良(小金北中学校)

イメージ中央大学経済学部卒
ホンダ技研勤務

14期卒業の植山良と申します。現在、ホンダ技研の船舶エンジンの販売に携わっています。先般の東日本大震災では、船舶を失った方も多く、私も大変な思いをしました。
私は高校在学中レスリング部に所属し、インターハイにも出場しましたが、部活動のみならず、得たものは多かったと記憶しています。充実した高校生活は、将来に結びつくと確信しています。

夢を実現させた先輩達 2

19期生(平成18年度 卒業)

松本あすか(五霞中学校)

イメージ東京女子医科大学看護学部卒
東京女子医科大学病院脳神経外科勤務
こんにちは。第19期卒業生の松本あすかです。私は現在看護師として日々働いています。看護の現場は毎日が勉強であり、たくさんの学びや発見を得ています。私は高校在学中から看護師になる夢を抱いていました。高校生活では、たくさんの出会いと大切な仲間ができました。そんな仲間がいたことが自分自身の大きな支えとなり、夢を追う力になっていたと思います。社会に出た今、夢を叶えた喜びもありますが、もちろん辛いときもあり、くじけそうになることもあります。しかし、そんなときふと思い出すのは、高校時代の仲間たちの笑顔です。高校生活で得たたくさんの思い出は、これからも私の中で大きな支えになると思います。

夢を実現させた先輩達 3

16期生(平成15年度 卒業)

嶋津 藍(西武台千葉中学校)

イメージ順天堂大学医学部卒
埼玉県内 市立病院 医師
中学時代は英語の授業が、たいへん楽しかったです。良い友達にも恵まれました。
高校に入学してからも充実した日々が続き、学習も学校生活も楽しい思い出ばかりです。私の将来の夢は、高校1年の冬に明確になり、それからは目標を立てて生活しました。
大学では中高とやっていた水泳を、体育会水泳部に所属して続けました。
そして現在は医師として、埼玉県内の市立病院に勤務し、多忙な毎日を送っています。

夢を実現させた先輩達 4

22期生(平成21年度 卒業)

浅野佑介(春日部東中学校)

イメージ法政大学 理工学部
3年在学

自分は高校3年間を西武台で過ごしました。部活は吹奏楽部に所属し、ハードなスケジュールの中で部活と勉強の両立は大変だと言われましたが、結局は自分の努力次第だったと思います。西武台での3年間は、部活も勉強もそして交友関係もとても充実していたように思えます。お世話になった先生方や共に過ごした親友とは今でも良い関係でいることができています。
西武台の先生方は厳しいところも多少なりともあると思います。ですがその分自分を磨くことができるはずです。勉強面、人間関係面においても親身になって話して下さいます。今自分は法政大学応援団吹奏楽部に所属しています。「応援団」という厳しい場所に身をおいていますが高校時代に学んだことが間違いなく生きています。

夢を実現させた先輩達 5

23期生(平成22年度 卒業)

古橋洋樹(川間中学校)

イメージ上智大学 理工学部
2年在学
西武台生のみなさんこんにちは!今春大学2年生となった古橋洋樹です。西武台の特色は勉強と部活の両立が叶えられるところです。僕も在学中はバレーボール部に所属し、朝練、昼練、午後練と毎日これでもかというほどに部活に打ち込み、最後にはきちっと納得のいく結果を残すことができました。勉強面では授業中や休み時間をフルに活用し、なるべく学校に居る時間で授業の予習復習や宿題を済ませることで時間を上手に使い、部活との両立につなげました。西武台の先生方は熱い先生でいっぱいです。一人ひとりの生徒に対してとても熱心に指導してくれます。

夢を実現させた先輩達 6

6期生(平成5年度 卒業)

塚本 洋(杉戸中学校)

イメージ大阪体育大学卒
中日ドラゴンズ
トレーニングコーチ
私は、小学校の時に野球を始め、杉戸中から西武台千葉高へ進学しました。主将(外野手)として、甲子園をめざして頑張りましたが県大会ベスト16止まりでした。もっと野球の技術と力を身につけるため、大阪体育大学に進学し、同大エースの上原投手(巨人⇒オリオールズ)とともに大学選手権に出場。その後、社会人野球の松下電器へ進みトレーニングコーチに就任し、4年連続で都市対抗にも出場しました。
現在は、中日ドラゴンズのトレーニングコーチに就任し、投手を中心としたプロの育成に努めています。高校時代に培ったノウハウや監督の教えが今も活きています。

夢を実現させた先輩達 7

23期生(平成22年度 卒業)

横尾咲希(常盤平中学校)

イメージ立教大学 観光学部
2年在学
私は在学中にバドミントン部に所属していました。国体入賞を目指し、毎日早朝から放課後も遅くまで練習を行っていました。そのため、自分の勉強スタイルを確立していくのはとても大変でしたが、授業で分からないことがあれば理解できるようになるまで親身になって教えてくださる先生方のおかげで、つまずくことなく、部活動と勉強の両立を図ることができました。そして高校3 年生の時には、かねてから目標としていた国体で4 位入賞の成績を収めることができました。
今春で大学2年になり、現在もバドミントン部で活動を行っています。西武台で培った勉強スタイルや、日々の練習にも耐え抜いてきた精神力のおかげで何事にも一生懸命取り組む姿勢が身につき、充実した大学生活を送ることができています。

このページの先頭へ

西武台千葉高校